信州の真ん中、塩尻市に店舗を構えております呉服屋です。

ぶどう柄の帯

まだまだ日中は暑さが続きますが、塩尻は朝夕が涼しくなってきました。

 

この地域は寒暖の差が激しいのでぶどうの生産にはもってこいの地域です。

只今ぶどうの最盛期なのでしょうか市内の桔梗が原のあたりを車で通りますとプーンとぶどうのにおいが漂ってきます。

 

ご当地柄ということでぶどうの柄の帯をあつらえてみました。

京都の女性作家 橋本文子さんにお願いいたしました、チャンチン染めの帯です。

昨年より、配色、柄の配置等、京都出張時にお話を詰めながら製作していただきました。

力強くインパクトのある帯で、お気に入りの一品です。

 

チャンチン帯.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ぶどう柄の帯

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://someori.net/mtos/mt-tb.cgi/23

コメントする

 

染と織 京屋呉服店

〒399-0736
塩尻市大門一番町8-5
TEL 0263-52-0553