信州の真ん中、塩尻市に店舗を構えております呉服屋です。

ぶどう柄の帯その2

またまたぶどう柄の帯をご紹介いたします。

生紬地に友禅していただきました。染屋さんの見本品は、柄の周りに金糸が使用されておりましたが、普段締めるには少々豪華すぎてしまうので金糸の加工は省いていただき、誂えていただきました。葡萄その2.jpg

紬、小紋、ちょっとした付下まで締められる便利な一品です。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ぶどう柄の帯その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://someori.net/mtos/mt-tb.cgi/25

コメントする

 

染と織 京屋呉服店

〒399-0736
塩尻市大門一番町8-5
TEL 0263-52-0553