信州の真ん中、塩尻市に店舗を構えております呉服屋です。

帯揚と帯〆を使用したバッグ

絹地バッグ.jpgご覧頂いております品は、帯締と帯あげを使用いたしました京都衿秀製のバッグです。

持ち手には小田巻の帯締が使用されております。又、無地の帯揚げを使用いたしておりますので、カジュアル、準礼装までご使用いただけます。

サイズは、ロールケーキが一本入るくらいのサイズです。

 

バッグ持ち手.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 帯揚と帯〆を使用したバッグ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://someori.net/mtos/mt-tb.cgi/30

コメントする

 

染と織 京屋呉服店

〒399-0736
塩尻市大門一番町8-5
TEL 0263-52-0553