信州の真ん中、塩尻市に店舗を構えております呉服屋です。

裾まわし(八掛)のこだわり

八掛(裾回).jpg無地感覚の小紋が仕立てあがってまいりました。

表地の色が大変薄く綺麗なので、従来の染幅の裾回しをつけてしまいますと表地に響いてしまいます。

そこで当店では、染幅を極力狭くして裾回しを別誂えしています

(染めてある幅を約3センチに・・・従来の裾回しの染幅は約10センチ程度)

 

これを付けることによって表地への影響が極力抑えられます。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 裾まわし(八掛)のこだわり

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://someori.net/mtos/mt-tb.cgi/12

コメントする

 

染と織 京屋呉服店

〒399-0736
塩尻市大門一番町8-5
TEL 0263-52-0553